くろべぇパパの徒然日記

ワガママくろべぇ(猫)溺愛パパの日記です。

日記

恵方巻きの由来

投稿日:

恵方巻きは、江戸時代から明治時代にかけての大阪の花街で節分をお祝いしたり、商売繁盛を祈ったりしたのに始まったといわれています。 花街で商人や、芸子たちが節分に芸遊びをしながら商売繁盛を祈り、食べたようです。 名前も恵方巻きという名前ではなく、「丸かぶり寿司」や「太巻き寿司」と呼ばれることが多かったようです。
日本では昔から、長いものは縁起がいいと考えられています。大晦日に年越しそばを食べるのも、そばの麺が細くて長いことから、「何歳になっても元気で過ごせるように」と長寿や延命を願う意味があります。そのため、恵方巻きのような巻き寿司も縁起がいいものと考えられているようです。

私は何でも食べれるわ(みき)

ブログランキング

一日一回の応援クリックが、ブログ更新の励みになります!

-日記

Copyright© くろべぇパパの徒然日記 , 2022 All Rights Reserved.